MENU

トレーダージョーズのエコバッグ徹底調査!! (トレーダー上手11)

近年じわりと人気が高まっているトレーダー・ジョーズのエコバッグ。実はいろんな種類があるのはご存知でしょうか。

トレーダー・ジョーズ(通称「トレジョ」)はアメリカのスーパーですが、最近は日本でも白キャンバス地のトレジョエコバッグ(下の写真のモデル)を持っているひとを街でちらほら見かけます。

トレーダージョーズのキャンバス地エコバッグ

たぶん最も出回っているモデル

すでに知っているという方も少なくないかもしれないですが、トレジョのエコバッグには他にも素材・デザイン様々なパターンがあります。このページでは、私の目と手の届く範囲でそのバリエーションを紹介していこうと思います。さらには、なんと州別のご当地モデルまで販売されています。ご当地モデルについては以下の別ページにまとめてみました。

実はアメリカのお土産としてもなかなか優秀。安いし、デザインもかわいいし、軽いし、ありきたりなお土産品と違ってちょっと気を利かせた感じも出るし、まぁバッグだから貰っても何かしらの使い道があるのでオススメ。

本ページはシリーズ「トレーダー上手」の第11回目です。このシリーズでは、私ゆとりばてぃがアメリカのスーパー「トレーダージョーズ」(Trader Joe’s)で自腹購入し、実際に試してみた製品を簡単な感想とともに紹介してみちゃってます。こちらのリンク先(シリーズ「トレーダー上手」ページ一覧 )からシリーズ全体を見れますので、ご興味あるページだけでも読んでいただければ嬉しいです!今回は、これまでの10回とは微妙に方向性の違う1ページとなっています。なぜか第10回記念回ではなく、第11回の今回に特別なことをしていますが、まぁ世の中そういう不思議なことだらけですね。

目次

トレーダージョーズ
【キャンバス地】エコバッグ

まずは、トレーダージョーズの数あるエコバッグの種類の中でも、おそらくもっとも幅広い使いみちのあるキャンバス地のエコバッグからリスト化してみます。

キャンバス地(シンプル)

日本でもっともよく見かける、いわば「定番」といえる種類がこれだと思います。

トレーダージョーズのキャンバスエコバッグ

3.99ドル+税
(約460~480円)

あまりに定番すぎて面白みにかけるので、ちょっぴり変わったものが好きな私は持っていませんが、ふつうに「落ち着いてるのにかわいい」みたいな良いデザインで生地もしっかりしているので使いやすそう。それなりにサイズもあるので日常的にスーパーで使うエコバッグにぴったり。

日本円の参考価格について

なお、このページでは価格をイメージしやすいように日本円での参考価格も合わせて載せていきます。なんか計算の説明がちょっと細かくなっちゃったので、気になる方だけ下の矢印部分を押してコラムを開いてご確認ください。

とうぜんアメリカで買うよりはだいぶ高いですが、日本でも買えることは買えるようです。

シンプル、ベーシックって感じで日本でも抵抗なく使えそうな種類ですね。でも都会だと最近はこれを持っているひとも多くなってきてる可能性あるので、他人とかぶりたくないって方にはこれから紹介していく別の種類が良いかもしれないです。

キャンバス地(カラフル)

おなじくキャンバス地ですが、別の柄のものです。

トレーダージョーズのトロピカル柄キャンバスエコバッグ

2.99ドル+税
(約350~360円)

これも丈夫な生地ですし、サイズもエコバッグ用途に申し分なし。

でも見てのとおり、なかなか派手です。好みが分かれますね。さきほども述べたとおり私はやや風変わりなデザインが好きなのですが、なんというかもっと計算された風変わりが好きなので(たぶん意味伝わってないと思いますが…笑)、これは持っていません。

これも日本で買えるみたいですが、もちろんアメリカで買うよりはだいぶ高いです。どうしても欲しいわけでないなら、やはり日本での購入はおすすめしないです、ぶっちゃけると。

トレーダージョーズ
【ジュート地】エコバッグ

トレーダージョーズには素材がジュートのエコバッグもあります。

トレーダージョーズのジュートエコバッグ

2.99ドル+税
(約350~360円)

一見すると派手っぽい感じがしますが、よく見ると実は落ち着いてる色のトーン。そこにジュートの素材感も相まって、案外キツくないデザインに仕上がっています。

サイズも大きすぎず小さすぎずでちょうど良いですし、取っ手部分も丈夫

ちょっぴり動きのあるファッションが好きな方なら、これまた日常的にスーパーで使うエコバッグにぴったりだと思います。これは気に入って買ってみたので、やや詳しめに写真載っけます。

メインの面

アーティチョークの柄がいっそうアメリカらしさを引き立てていますね!たぶんね!

内側・底面・横面には柄が無いです。このあたりもデザインのさじ加減がうまくいっているような気がします、個人的には。まぁぜんぜんファッションとか詳しくないので、説得力無いかもしれないですが笑。

持ち手はシッカリ目

底面にはプリント無しです

こちらの面もプリント無しですね

タグには「ジュートは東インドにある家族経営の小さな農場で育てられているサステイナブルな植物です」とあります。さすがカリフォルニア州出身スーパー、自然環境や労働環境への意識があふれでています。

ちなみに「サステイナブル」(sustainable)には「持続可能な」という定訳がありますが、これでは意味がよくわからないので、詳しくは身の回りにいる意識高い系の方々に聞いてみてください。ここ最近、その界隈で流行りはじめているカタカナ語彙の1つです。だいたい「サステナブル」とか「サスティナブル」とか言っているはずです(個人的には「サステイナブル」と表記するのが好みです)。もしも余計に意味不明な説明をされたら、意識高い系ではなく、本当に意識の高い方に聞くのが良いです。

サイズはやや大きいですが、下で紹介する保冷バッグ(黄緑/青/赤)よりは若干小さいです。A4ファイルを当てて大きさを示してみます。

トレーダージョーズのジュートエコバッグのサイズ(幅と高さ)

背は高め

トレーダージョーズのジュートエコバッグのサイズ(高さ)

マチはちょうどA4ファイルすっぽりぐらい

アメリカで買う時の倍額以上にはなりますが、日本でも買えるみたいです。

あと最後に付け加えておくこととしては、ジュートなのでやや固めでパリパリとした手触りってことでしょうか。しっとりやわらかい素材ではないです。そうゆうタイプのバッグが苦手な方は注意。

トレーダージョーズ
【保冷】エコバッグ

次は、ただのエコバッグではなく保冷機能のついたエコバッグをご紹介します。

キャンバス地のエコバッグと同じく、大きく分けて2種類あって、

  • 外観ちょっと派手目のデザインのもの
  • やや落ち着いた路線のもの

が展開されています。

保冷(黄緑/赤/青)

どちらかというと派手寄りデザインの保冷エコバッグの方からご紹介します。

こちらについては、私自身はこれまで3つのバリエーションを目にしています。ですが、それぞれモデルチェンジでの3種類であって、3種類同時発売というわけではありません。

2020年7月現在では黄緑しか見かけないです。価格はすべて6.99ドル+税(約810~850円)です。

トレーダージョーズの黄緑黒保冷バッグ

最新の黄緑

先代の赤

トレーダージョーズの青黒保冷エコバッグ

先々代の青

ほんの半年前まで(2020年1月頃まで)は、店頭に大量に青色モデルが並んでいました。

そこから突然、赤色にモデルチェンジしたかと思ったら、1ヶ月程度の期間で黄緑にさらにモデルチェンジ。早い笑。

私のよく行く店舗(北カリフォルニアのとある町です)では、もう黄緑しか売っていません。青も赤もレアになったかもしれないです。ちなみに青色モデルは、お笑いコンビのジャルジャルさんのYouTubeチャンネルでちょくちょく登場しています。

幸いにも、青色モデルについては私物があります(2個も笑)。ですので、ちょい詳しめに写真を載せておきます。アウトドアブランドみたいな色なのでスーパー用にはやや使いにくそう。キャンプやバーベキューなどで氷やドリンクを持っていく時には候補の1つになりそうです。自立するのもgood。

Trader Joe’s外観が
デザインされています

隣の面にもデザインが連続しています

下の写真のように、中は保冷機能のあるぱふぱふした素材。やや厚みがあるのでそこそこのクッション性もあります。仕切りは無くて、ポケットはここに見えているメッシュのものが1つだけ。

予備の保冷剤とか入れるのかな

ファスナーはこんな様子。とても滑りが良いです。入れるモノの量と大きさが常識の範囲内であれば、まったく引っかかりを感じません。

さすがにYKKではないです

サイズは大きめです。A4ファイルと一緒に撮影してみると以下のようになります。

高さはA4ファイルよりちょい上

幅はファイル2つ横に並べてちょうどぐらい

底面に当てるとこうなります。また、ご覧のとおり底面には柄が無いです。側面デザインの黒い部分がそのまま続いていて、真っ黒のプリント。

奥行きはやや短め

タグにはまるでゴアテックスみたいな説明書きがあります。ごちゃごちゃ英語が書いてありますが、まぁ図からして、要するに「バッグは何層にもなってるから保冷バッチリだよ」ってことですね。

8ガロン≒30リットル容量

「重層だよ」っていう説明

これも日本で買えるみたいですが、青色は近いうちに在庫がなくなるかもしれません。日本の大手ネットストアでの在庫が一斉に先ほど写真を載せた赤色モデルに切り替わってきている気がします。

詳しく確認したわけではないのですが、ラベルやぱっと見の大きさを見たかぎりで言えば、モデルチェンジ後の赤色モデルも黄緑モデルも、かつてのロングランモデルである青色のものも、機能やサイズに違いは無いと思います。

保冷(赤黒)

少なくとも私の知るかぎりでは、トレーダージョーズの保冷バッグにはもう一つ別種類の製品があります。

先ほどのモデルよりもシックな雰囲気で、価格は1ドル分安い5.99ドル+税(約690~720円)です。

トレーダージョーズの赤黒保冷エコバッグ

黒のベースカラーと小さめプリント

こちらのモデルの方が落ち着いたデザインで使いやすそうですね。ロゴもおしゃれ感。

ただ、サイズは先ほどの保冷バッグよりバッグ上のマチがやや小さめ。きっとその違いが価格差になっているんだと思います。ゴアテックス風のタグを見るかぎり、保冷機能は同水準。

これもまた例によって価格は吊り上がりますが、日本でも手に入るようです。

トレーダージョーズ
【ポリプロピレン】エコバッグ

トレジョのエコバッグラインナップには、ポリプロピレンバッグもあります。

上で紹介したキャンバス地のものや保冷バッグと比べると頑丈さや機能性は劣りますが、より個性的なデザインで0.99ドル(110~120円)と安価なのが魅力です。こんな感じのやつ。

トレーダージョーズのポリプロピレンエコバッグ(北カリフォルニアモデル)

安い!

そしてこのタイプの注目ポイントは、以下のページで紹介しているように州ごとのご当地モデルが存在するということ。コレクションを誘う仕掛けです。当然のように、私はまんまとハマります。

とりあえず本ページでは、私物の全米共通モデルに的を絞ります。どっちがどっちかはよくわかりませんが、まず表面と裏面がこんな感じ。

“perky” 「活発な」

ユニ「コーン」

別の側面には、またさらに異なる柄がプリントされています。

let us count our spoons.
スプーンを数えさせて。

『サミュエル・ジョンソン伝』

pursued with forks & hope.
フォークと希望で追い立てた。

『スナーク狩り 8章の苦悶』

最後に底面がこちら。

フライドポテトとケチャップ

ご覧のとおり、独特の雰囲気が醸し出されています。しかもなかなか機知に富んでいて、ちょっとした教養と想像力を試される感じです。

そんな感じで側面の4面と底面の1面の合計5面すべてに異なるデザインがプリントされていて、とても楽しいバッグです。

ただし、内側にはデザイン無しです。

なぜか北カリフォルニアモデルを撮影

毎度のことですが、このタイプも割高にはなりますが日本でも買えることは買えるようです。

注意事項はバッグ強度がキャンバスタイプほど高くないという点ですね。

それなりに取っ手がしっかり付いているので、それほど簡単に壊れるというわけではないです。実際、そこそこの回数これを使っていますが、まだ一度も壊れてはいません。具体的には、2Lペットボトル2本に加えて野菜や肉などを1kgぐらいを運ぶ程度なら問題無さそうです。

なおサイズ感については、面倒ですが、ご当地モデルを扱っている以下のページの「北カリフォルニア」モデルの写真をご覧ください(同じサイズです)。

手触りはポリプロピレンなので、しっとり・ふにゃふにゃ系ではなくツルツル・パリパリ系です。

トレーダージョーズ
【ボトル用】エコバッグ

トレーダージョーズは、ワインやジュースなどのボトルを入れるエコバッグも販売しています。これまで見てきたエコバッグ同様、このボトル用エコバッグにも数種類のバリエーションがあります。

大きく分けると、ポリプロピレン製紙製の2種類です。

ボトル用(ポリプロピレン)

まずはポリプロピレン製の方から。こちらは0.99セント+税(約110~120円)です。

  • かわいいデザイン
  • 6本もボトルが入る
  • 安価

といったメリットがあって、とても良さげです(つまり私は持っていません笑)。

トレーダージョーズのポリプロピレン製ボトル用エコバッグ

アルコールまったく飲まないので持っていませんが、楽しい見た目です

写真を撮れていないですが、バッグの中には簡単な仕切りがあって6本のボトルをうまいこと整理して入れられるようにはなっています。

ただ、実際に買って使っているというわけではないです。なので、飲み物6本も入れたとき、どれほど安心できる耐久性があるのかについては定かではありません。

もしコメントなりSNSなりで「バッグ中身の様子知りたい」「サイズ感をもっと詳しくしりたい」などのご要望をいただくことがあれば、買ってみようかなーとは思っているモデルです。飲まないですが、料理酒代わりに安いワインをよく買っているので、このエコバッグも買ったら買ったで使いみちがありそう。

やはり価格が倍以上になってしまいますが、日本でも買えるみたいです。

ボトル用(紙)

もう一方のボトル用エコバッグは、紙製。一応はワイン用となっていて、ワインボトルがすっぽり1本入るサイズになっています。

価格はかなりお安く、69セント+税(約80円)。バリエーションは4つです。まずはポップな柄をご紹介。

トレーダージョーズの紙製ワインエコバッグ

一瞬レゲエのひとみたい

ドット柄。そういえば男子大学生のドットシャツ着用率が最近どんどん高くなってきたそうですね。学校にもよって変わってくる話なんだとは思いますが、私が学部入学した頃はチェックシャツが多かったです。

トレーダージョーズの紙製ワインエコバッグ

ちょっとダサいかもしれない笑

ボーダー柄。まぁ夏なんかはボーダーシャツ学生も多いでしょうか。

トレーダージョーズの紙製ワインエコバッグ

このひとも一瞬レゲエ

無地に近いもの。学年が上がるとシャツの柄も大人しめになってきますね。

トレーダージョーズの紙製ワインエコバッグ

うっすらですが柄アリです

ご覧のとおりですが、紙ですし細いのでほんとにワインボトル1本だけを入れるためのバッグです。

パーティーにワインを持っていく時とか、プレゼントやお土産としてワインをひとに渡す時なんかにはピッタリだと思います。比較的安いですし、紐部分も含めて「ちょっとデザインがあるね」って感じがします。でもそれ以外ではとくに使いみちが思い浮かびません。

さすがにこの価格帯の商品になると、日本でゲットするのは難しいようですね。ネットでざっと探しましたが、売っているお店がありませんでした。どうしても手に入れたいって方はコメントくだされば、できる範囲でご協力させていただきますが、まぁコレクターでもないかぎりは、べつにこれじゃなくて良いかなってところですね。この紙のワイン用エコバッグ日本で十分良いもの、あるいはこれ以上のものがあるような気がします。

以上!

トレジョエコバッグ全米共通モデルの調査でした(ご当地モデルについてはコチラ)。私の手の届く範囲で分かっている情報で書きました!

もし読んでくださった方から反応があるととても嬉しいですし、新たなページを追加したり、ページの手直しをしたりする「やる気」につながります。「まぁ少しは参考になったかな」「まぁこのページちょっとは頑張ってるかな」って思っていただけましたら、ぜひお気軽にコメントフォームだったりSNSだったりを通して、応援・ご指摘・コメント・拡散していただけたら幸せです!

 インスタのアカウントはこちらです。
 ツイッターのアカウントはこちらです。

企業やプロブロガーではなく大学院生がほそぼそと運営しているブログですので、そういう形で人間らしさのある温かいご支援をいただければとても有り難いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

このブログ書いてるひと

ゆとり世代の文系大学院生です。アメリカに学位留学している最中です。インスタやツイッターでは当ブログへのご質問やご感想を募集中です。ちょっとしたものでも新しいページ作成の励みになりますので、お気軽にコメントやリクエストいただければ嬉しいです!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる