MENU

オシャレは足元から。ジェイソンマークスニーカークリーナーエッセンシャルキットのレビュー

光射す部屋に似合うジェイソンマークのパッケージ

靴、洗いましょう、定期的に。自分のだけでなく、お子さんやパートナーのも。

とは言ってみるものの、靴を洗うってなかなか大変ですよね…。

そこで本ページでは、手軽なスニーカークリーナーとして近年スニーカー好きの間で旋風を巻き起こしている製品をレビューしてみようと思います。

実はちゃっかりスニーカー好きな私自身も長年使っているジェイソンマークエッセンシャルキット(Jason Markk Essential Kit)というシューズクリーナーです。

光射す部屋に似合うジェイソンマークのパッケージ

これです。

自分自身で愛用している製品ではあるのですが、口コミの一つとして参考になるよう、今回は容赦なくデメリットとともちゃんと向き合ってレビューしていきたいと思います。

はじめに総評を簡単にまとめておくと、こんな感じです。

第一印象評価:
あとから評価:
一言コメント: Markk、なんでk2つ??

では以下、もう少し詳しく個人的な使い心地をご紹介していこうと思います!

目次

ジェイソンマークスニーカークリーナーの良いところ

色んな素材に使える

このジェイソンマークのシューズクリーナーはさまざまな素材・色に使えるという非常に大きなメリットを持っています。

公式サイト(英語)によると、スニーカーケア用品として開発されたそうですが、実際の製品のパッケージ裏にはキャンバス生地以外の対応素材もたくさん挙げられています。

ジェイソンマークパッケージ裏の商品説明

アマゾンで買うと、剥がしにくい変なバーコードが付いてきます笑。

この商品裏の説明によると、以下の色・素材に対して使えます。

ジェイソンマークで洗って良い色と素材
  • 色はぜんぶ
  • レザー
  • スエード
  • ヌバック
  • キャンバス
  • ビニール
  • ナイロン
  • コットンメッシュ

つまり、この世の靴はほぼ全ていけます

ぶっちゃけ私はこのあたりの素材の違いをよくわかっていないのですが…(スエードとヌバックの違いとかもはやハテナだらけです。ヌバックが何かすらわかりません笑)

そんな私が愛用しているということはつまり、

ジェイソンマークは、靴の素材を気にすることなく、頭空っぽでとりあえず洗ってみちゃうみたいなことができます。

もちろんすごく特殊な素材の靴に使うとかなると、ちゃんと考えないといけないと思いますが、大体の靴は大丈夫だと思います。私は試したことないですが、 レザーがokということなら革靴もいけるのかもしれません(自己責任にはなってしまいますが)。

洗浄力がスゴイ

ジェイソンマークで洗うと、とにかくよごれがとてもよく落ちます。クリーナーの最も大事なポイントですね。

汚れが落ちたのかどうか、目で見て明らかに分かるぐらいに洗浄力が高いです。

百聞は一見にしかずですので、以下の一連の写真をご覧いただければと思います。

まずはNIKEのあのオレンジの商品箱をイメージしたという「ダンクLOW SB オレンジボックス」です。実はちゃっかり私はNIKE好きなので、これを買えたときはめっちゃ興奮しました!

次はNIKEの「エアフォースワンジェスター」です。ちょっとずれた位置にNIKEのマークがデザインされているのが見どころです!

最後に、妻のスニーカーも合わせて集合写真(2枚目では一組消えていますが笑)。

ここで「どれがビフォーで、どれがアフターです」みたいなダサいことはあえて言いません!笑

「え~、どっちがどっちだかわかんないよ」って方は、たぶんこのクリーナーを買っても効果が実感できないと思うので、乗せられて買ってしまうことのないよう注意してください。

この写真でわかるぐらいの洗浄力で満足できそうであれば、結構オススメなシューズクリーナーです。

あ、あと、めんどくさかったので今回は靴ひもを外さずに洗いました笑

ほぼほぼ天然素材でできている

そんな強力な洗浄力を誇るジェイソンマークですが、なんとその成分はほぼほぼ天然由来です。

具体的に言えば、ジェイソンマークは98.3%が天然素材から成っています。

しかも、ラベル裏をよく見ると、まるで美容製品かのような原料も入っています。

ココナッツオイルとホホバオイルから採った天然石鹸から作られてます」と自慢げな様子もなく書いてあるんですよね。

ちょっとホホバオイル使ったぐらいで、とんでもなくデカイ顔してる化粧品がたくさんあるこのご時世です。ジェイソンマークのこの静かな主張は、心揺さぶるものがあります。

ジェイソンマークシューズクリーナー本体記載の原料と注意事項

「決して飲んではいけないよ」とあります。さすがにそのとおりだと思います。

実際、これまで何度もこれを使ってきましたが素手で使っても肌荒れしません

以前セイヤーズをレビューした際に書いたように、肌がかなり弱めの私でもこのクリーナーでは一度も肌トラブルが起きていません。

ただ、まぁ厳しいことを言えば、98.3%が天然素材ということは1.7%は天然でないわけです。100%天然ではないというこの意味で、成分組成をメリットではなくデメリットとみなすことも可能です。

とはいえ、事実として私自身の肌が荒れていないので、個人的な目線から正直にレビューするという趣旨のこのページでは、メリットとして考えておきます。

付属ブラシで心が躍る

さらに、付属品のブラシが心躍るハイクオリティです。

ジェイソンマークシューズクリーナーと付属ブラシ

このあか抜けたデザインに加え、持ちやすい形とサイズ

手で持ってみたジェイソンマークシューズクリーナーのサイズ感

なぜかブラシじゃない方を持ってしまっている謎の写真採用です。

さらに、このブラシで実際に靴を洗っていると、、、

「シャカシャカ」音が聞こえてきます。

これがなんとも言えない小気味よさで、一度もやったことないのに「DJやってた頃」という架空の記憶を思い出しそうになるぐらいです。

一応、以下のvlogの中でそのシャカシャカ音がちょっと聞こえると思うので、気になる方は併せてご視聴いただけたら嬉しいです。

もちろん、

「靴洗うブラシなんて何でもよくない?」「使い終わったハブラシでよくない?」

みたいな発想もあるとは思います。

私も昔はそうでしたが、今となってはこのブラシの高いクオリティに惚れ込んでしまい、DJ歴が一秒も無いにも関わらず、このブラシを使うようになっています。

なお、一部のめちゃくちゃデリケートなスエードなどには、この付属ブラシではなくて別売りの専用のブラシを使った方が安心らしいです。名前に「プレミアム」(Premium)と付いている方です。

ちなみに、同じ“JM”というイニシャルを持つ除菌スプレー「ジェームズマーティン」(James Martin)も、あか抜けたデザインをしていてなかなかサマになるので、今回はツーショットを撮らせてもらいました。

とにかく、

クリーナーの液体そのものだけでなく、ブラシも使い心地がとても良いです。

というのが、このセクションでお伝えしたいことです。

使い方が簡単シンプル

使い方がシンプルなのも良いです。

なんかこういうレビュー記事だと、製品の使い方をステップ仕立てで説明するのが定番だったりしますが、ここではそれをしません。面倒だからではなく、それをする必要が無いぐらいに使い方が簡単だからです。

簡単に言うと、長時間ハミガキするのと同じ要領です(「長時間」ハミガキすることなんてそんなに無いですが笑)

とりあえずこのジェイソンマークはハミガキ粉として考えればokです。

水とこのクリーナーをブラシに付けて、例のブラシで靴をシャカシャカします。ハミガキも長時間になると、合間合間で口をゆすぎたくなるので、水も用意しておきます。

ジェイソンマークで靴を洗っている様子

ケーキの蓋のラベルって取るのむずいですよね。

準備ができたら、もうフツーにブラシで洗います。途中でゆすいだりもします。

ジェイソンマークで靴を洗っている様子

良い泡立ちです。

表面が凹凸じゃなくてツルツル系の靴でもちゃんと泡立ちます。

洗浄作業中の全体像はこんな感じです。

ジェイソンマークで靴を洗っている様子

当たり前ですが、終えたら乾燥です。

ほっておけば思い思いに乾燥していきますが、あえて階段とか木の枝に座りこませたりしてみるのも楽しいかもしれません。どことなく甘酸っぱい青春感が漂います。

まぁとにかく、そんな感じで面倒なことを考えずに洗えるってのがラクです。

「洗剤塗って○○分置いて、それからブラシして、…」みたいな地味に考えるエネルギーと時間を使う行程は必要ナシ。

とりあえずブラシに洗剤と水つけてこする。以上!

的なノリで使えます。

ジェイソンマークスニーカークリーナーのイマイチなところ

使用中のイヤなニオイ

使っていてほとんどデメリットを感じないジェイソンマークですが、しいて言えばニオイの強さかなと思いつきました。

なんか粘土みたいなニオイがします。

ほぼほぼ天然素材でできてるわりには、なんだか身体に良くなさそうなニオイです。こもった場所で長く嗅いでいると「ぉうぅっ」みたいになります笑。

しかも、そこそこ強いニオイですので、あまり家の中では使いたくありません。

私の場合、実家の一軒家で使う時はふつうに庭で使いますし、賃貸で一人暮らしをしていたときはベランダに出て使っていました。

洗浄自体はちょっとした容器に入れた水で事足りるので、シャワーホースなどを伸ばしてくる必要は無いです。

とはいえ、このニオイはクリーナー使用中だけです。

靴からクリーナーを拭き取ってしまうなり、すすぎ流してしまうなりすれば、ニオイ残りはありません。素手で使ったとしても、しっかり目に手を洗えば大丈夫です。土俵は違いますが、にんにくとか玉ねぎの方が圧倒的に上のレベルです。

まとめ

まとめるとこんな感じです。

良いところ

色んな素材に使える
洗浄力がスゴイ
ほぼほぼ天然素材でできている
付属ブラシで心が躍る
使い方が簡単シンプル

イマイチなところ

使用中のイヤなニオイ

第一印象評価

第一印象での評価は星4つ

シューズクリーナーの必須能力である洗浄力がきわめて高く、そのうえ優しい成分配合と単純明快な使用方法。手袋などせず素手でも手軽に、ささっと靴を洗えてしまうという優秀な製品です。

デザインについて言えば、付属のブラシもふくめて美しいシンプルスタイリッシュ(そんなジャンルがあるのかわかりませんが笑)。価格はというと4oz(118ml)で約2,000円。同様の他社製品と似た感じで、妥当なところだと思います。参考までに、だいたい靴100足分を洗える分量だそうです。アメリカブランドですが、日本で買ってもアメリカで買うのとほとんど同じ価格なのもgood。

後々まで残るわけではないですが、使用中のニオイがキツめなのがデメリット。1つ星の数を減らしておきます。

あとから評価

しばらく使ってみての評価も星4つ

なんやかんやで私はこの製品を5年以上愛用していますが、最初に使った時と比べても新たに気づいたことは今のところないです。第一印象評価をそのままにしておきます。急に何か気づいたら変更をかけます。

ジェイソンマークスニーカークリーナーエッセンシャルキットは誰におすすめ?

子どものスニーカー汚れに困っているママ・パパ
じぶんのスニーカー汚れに困っているキレイ好き
ナチュラルな雰囲気が好きな方

悔しいですが、容赦なく分析したものの、久しぶりに弱点があまり見つけられない回となってしまいました。スキがなかなか見えてこない製品です。

スニーカー洗いたい方はもちろん、まったくその気が無くてもナチュラルインテリアを好む方なら単なるインテリアとして置いてカッコつけるのも全然アリだと思います笑。「ふだんから靴洗ってるんだよね、自分」的な雰囲気をかもし出すことまでできてしまいます。

ちゃんと靴を洗う用途で買いたい場合は、効果を感じられそうかどうか見極めるために、面倒ですが本ページ上の方にある「洗浄力がスゴイ」のセクションの写真をご覧いただければと思いあmス。その写真でわかる程度の洗浄力では物足りないと感じ場合には、より専門性の高い別の製品かクリーニングサービスを利用する方が良いかもしれません。

以上です。

ぜひお気軽にご感想コメント・ご指摘・拡散、お寄せください。

ちゃっかり以下のYouTube動画にも登場していますので、「写真より動画で使用感を見てみたい」という方はこちらもご覧いただけたらなと思います。

企業やプロブロガーではなく大学院生がほそぼそと運営しているブログですので、小さなことでもそんな形で温かいご支援をいただければとても有り難いです!

筆者SNSへもお気軽に!
 → インスタ
 ツイッター
ユーチューブ

光射す部屋に似合うジェイソンマークのパッケージ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

このブログ書いてるひと

ゆとり世代の文系大学院生です。アメリカに学位留学中。インスタ・ツイッターでは当ブログへのご質問やご感想を募集中です。ちょっとしたものでも新しいページ作成の励みになりますので、お気軽にコメントやリクエストいただければ嬉しいです!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる