MENU

濃厚かつ軽やか。トレジョのチェダーロケットクラッカーの感想 (トレーダー上手4)

アメリカスーパーのトレーダージョーズでチェダーロケットクラッカー(Cheddar Rocket Crackers)という面白い商品を買ってみたので、食べてみた感想を書き残しておきたいと思います。

楽しそう!

本ページはシリーズ「トレーダー上手」の第4回目です。このシリーズでは、私ゆとりばてぃがアメリカのスーパー「トレーダージョーズ」(Trader Joe’s)で自腹購入し、実際に試してみた製品を簡単な感想とともに紹介してみちゃってます。こちらのリンク先(シリーズ「トレーダー上手」ページ一覧 )からシリーズ全体を見れますので、ご興味あるページだけでも読んでいただければ嬉しいです!

総評を先取りすると、こんな感じです。

手軽に食べれる濃厚チーズスナック。リピ買いはナシ。

では以下、本編です。

目次

トレジョ「チェダーロケットクラッカー」価格と内容

まずはトレジョ販売チェダーロケットクラッカーの価格と内容をご紹介しておきます。

2.49ドル
(約270円)

7.05オンス
(200グラム)

おおよそ1.3~1.4円/gですね。

お店でのディスプレイの仕方がかわいいです。商品パッケージもなんだかワクワクしてくるデザイン。ロケットってなんだか子どもっぽい感じもしますが、左下にたたずむ物憂げな天体観測者が乙です。ロケットの形をしたクラッカーという少年の心があふれているような商品ですが、その中で、例の天体観測者がなんとも言えないオトナ感を醸しだしています。つまるところ、パケ買い。

「広告の品」的な素振りで陳列されていますが、別に割引されているわけではありません。定価。基本的にトレーダージョーズは値下げしません。

さて、グラム当たりの価格を日本のお菓子と比較してみようと思います。ぱっと見たとき直感的に「あ、これおっとっとでしょ」って思ったので、おっとっとでいきます。

あんまりおっとっとの値段って気にしたことなかったですが、今回ネットで調べてみたら、大体50グラムで100~130円ぐらい。およそ、2~2.6円/g。

今回扱っているトレジョの商品チェダーロケットクラッカーズは、1.3~1.4円/gなので、グラム当たりだとおっとっとよりだいぶ安いですね。

原料・カロリー表示こんな感じです。

そして商品説明はこんな感じ。

“3… 2… 1… 味蕾(みらい/未来)よ、応答せよ、我々は離陸した!

さて、今回私たちがお届けするのはチェダークラッカー。このクラッカー、(すごく控えめに言いますけど)宇宙のこっちサイドでは最高の出来ですよ。このチェダーロケットクラッカー、説明すると、ちっちゃい宇宙船の形をしたチーズ味のクラッカーなわけ。本物のチェダーチーズ使ってるけど、人工甘味料とか保存料は一切なし。スナックワールドをちょっぴり探検したい冒険者たちにぴったりな商品。

さぁ、一箱持って冒険に向かうぞ!おっと、そうだ、宇宙探検用のヘルメットも忘れずにな!”

いつにも増してクリエイティブな和訳になってしまいましたが、それぐらいテンションの高いスナックだってことにしておいてください笑。

トレジョ「チェダーロケットクラッカー」実食

前置きはこのぐらいにして食べましょう。

箱を開けたら、まさかの(or予想どおりの?)透明なビニール包装。

思ってたよりは若干ちっちゃいかな?ロケット(宇宙船)の形っていうよりはむしろ魚っぽいかもしれない。てことは例の直感的な「おっとっと説」もあながち間違いではないのか。ぱっと袋を見た限りでは、欠けていたり砕けていたりする個体はなく、すべてこの形でした。

食感は軽めでサクサクです。

、、、

あ、今気づきましたが、ナビスコのリッツですね、これ。クラッカーですからね、考えてみたらそりゃそうですわ。「誰だ、おっとっととか言ってたヤツは」って言いたくなるぐらいです。リッツに限りなく近いです(今はルヴァンですね)。

あと、このチェダーロケットクラッカーは小さいですが、中身は空洞になっていて少しのエアリー感があります(エアリー感で良いのかよくわかんないですが)。これまたリッツの、あの若干のエアリー感とすごく似ています。

味は、おっしゃるとおり濃厚チェダー。

口の中に入れた瞬間はインパクト弱めですが、クラッカーを噛み砕いていくごとに、チェダーの香りが口の中いっぱいに広がっていきます。ふわっと香るというよりは、グッと少しの重量感を持って香りが染み渡っていく感じ。何を言ってるんだか段々わけがわかんなくなってきましたね。要するに、本物のチェダーを使っているだけあって濃厚なホンモノの風味を持っているってことをお伝えしたいです。

私はアルコールがめっきりですが、たぶんお酒に合う味。ワインにもめちゃくちゃ良いマッチなんじゃないかと想像し、ワインのお供にどうぞと提案までしておきたいと思います。

クセになる味。でもリピ買い衝動はガマンできる。

以上、トレーダージョーズのチェダーロケットクラッカーを食べてみた感想を簡単に紹介してみました。

日本におなじみのスナックでイメージするなら、リッツ(ルヴァン)。でもリッツやルヴァンよりも、チーズ味が濃厚で風味重みがあり、小さいながらも食べごたえがある印象って感じでしょうか。

ロケットの形状とパッケージのデザインは、オトナにとってはしょうもなく感じられるかもしれません。私もそうでした。でも商品説明を読むと、その高揚感を誘う巧みな文章によって、どこか心惹かれてしまうところがあります笑。

とはいえ、敢えてリピ買いするほどではないというのが個人的に正直な感想ですね。実はそもそも私がクラッカーを別にそこまで好んでいない、というのが最大の理由なのかもしれないです。アルコールをよく飲まれる方にとっては、安くて濃厚なチーズスナックとして活躍するのではないかと想像します。

日本では並行輸入品が出ていたり、出ていなかったり。タイミングによってって感じです。まぁわざわざ高い価格で輸入品を買ってまで食べるほどだとは思わないので、よほどこの商品そのものに興味がある方以外はスルーで良いかなーってところです。

以上です。

もし読んでくださった方から反応があるととても嬉しいですし、新たなページを追加したり、ページの手直しをしたりする「やる気」につながります。「まぁ少しは参考になったかな」「まぁこのページちょっとは頑張ってるかな」って思っていただけましたら、コメントフォームだったりSNSだったりを通して、ぜひお気軽にご感想のコメント・ご指摘・拡散していただけたら幸せです!

インスタのアカウントはこちらです。
 ツイッターのアカウントはこちらです。

企業やプロブロガーではなく大学院生がほそぼそと運営しているブログですので、そういう形で人間らしさのある温かいご支援をいただければとても有り難いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

このブログ書いてるひと

ゆとり世代の文系大学院生です。アメリカに学位留学中。インスタ・ツイッターでは当ブログへのご質問やご感想を募集中です。ちょっとしたものでも新しいページ作成の励みになりますので、お気軽にコメントやリクエストいただければ嬉しいです!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる