MENU

圧巻のプレミア感!! VAIO SX14 勝色(独立5周年記念モデル)のレビュー

VAIO SX14の勝色本音でレビューしていきます。 2019/07/09に株式会社VAIOから発売された、Sonyからの独立5周年を記念したモデルです。実は私ゆとりばてぃはVAIO写真専用のインスタグラムアカウントを作ってしまっているぐらいVAIO大好きなんですが、このページでは正直にデメリットも指摘していきます。

机の上で景色を反射するVAIO SX14勝色

まず総評を先取りしてしまうと以下のとおり。5段階評価です。

第一印象評価:
あとから評価:

一言コメント: つい買っちゃうよね

すでにこの勝色特別モデルは販売終了していますが、VAIO SX14という機種自体は販売中です(しかも勝色モデル時代よりも若干の性能アップ!)。ですので、他のカラーバリエーション購入をご検討していただく際の機能面や全体の大きさなどの参考として、本ページをご覧いただければと思います。

いわゆるオフィシャルストアとしては、VAIO直営ストアとソニーストアの2つがあります。

ソニーストア

ちょっとややこしい話になるので後ほど詳しく書きますが、私はいろいろと考えた結果、VAIOストアではなくソニーストアで購入しました。

VAIO STORE
目次

VAIO SX14勝色の良いところ

プレミア感

とりあえず見てください、この映り込みと美しさ!

机の上で景色を反射するVAIO SX14勝色

こんな風に景色を映して楽しんじゃうことまでできます。

もはや鏡のレベル。

公式サイトには「光を受けて表情が生まれる勝色カーボン天板」と紹介されています。ですが、もはやそこに見えるのはVAIOの表情というより私の表情です。ここまで反射していると、もはやカッコいいのかどうかもよくわからなくなってきますが、プレミア感がハンパないことは間違いないです。

黄金色のロゴとオーナメントも高級感を存分に見せつけています。天板のちょっと繊維っぽい感じも伝わるでしょうか。木目のようになっていて、只者ではないたたずまいをしています。

と、まあ、こうしたデザインの良さはもちろん、独立5周年記念という物語のプレミア性も素敵す。VAIOファンにはたまりません。

ここだけの話ですが、私ゆとりばてぃはこの勝色モデルの発表1週間前ぐらいにVAIO株式会社に電話しちゃってます。Sonyからの独立記念日(言い方あってるのかこれ?)がもうすぐだということを知っていたんですね。独立5周年を祝うモデルが出るのではないかとずっと待っていましたが、記念日が近づいても音沙汰なし。居ても立っても居られなくなって遂にVAIOに直接問い合わせてしまいました。

ゆとりばてぃ
「独立5周年モデルって出ないんですか?」

オペレーター
「今のところそういう情報は入ってないですね」

ゆとりばてぃ
「そうですかぁ」

オペレーター
「はい、そうですねぇ」

……………(10秒ぐらい)

ゆとりばてぃ
「出るとしても今の段階ではわからないってことですよねぇ?」

オペレーター
「そうですねぇ」

ゆとりばてぃ
「ありがとうございました」

オペレーター
「ありがとうございました」

このやり取りのわずか数日後…記念の勝色モデルが発表・発売されましたね。まぁその時は本当に情報が無かったかもしれないですし、仮に知ってたとしても、一般人には教えられませんよね(内緒ですが、実は工場見学をお願いして断られたこともあります笑)。

にしても、めちゃくちゃ興奮したサプライズでした。

ちなみに私は妻に数回サプライズを仕掛けたことがあるんですが、大成功と言えるほどの結果を収めたことは、悲しいかな、一度もないです。プロポーズの時なんて、<とりあえず早くトイレに行きたい妻>vs<サプライズプロポーズしたい私>という構図でした。まぁ詳しいことはいずれまたどこかで話しましょう。

ともかく、廃止ではなく独立という道で望みをなんとかつなげてきたVAIO。2019年はその独立5周年の節目です。それを私のような一般人が限定商品購入という目に見える形で祝うことができる。これはほんとに素晴らしいことですね!

VAIO STORE

さらに。

勝色モデルは個体によって微妙に色味が異なるといいます。自然の藍を使って職人さんが染めているからだそうです。となると、色味の違いは製品のブレというより一点一点の個性という、なんとも良い捉え方をすることができます。日本文化の機微が表現されていますね(たぶん)。こういうところもニクい。

もうね、めちゃくちゃ主観ですが、VAIOの勝色ってほんと良い色です。見た目の主張しすぎない高級感はもちろん、色の由来と歴史(サムライに関係しているそう)もカッコいい。色んな観点で奥ゆかしく、奥深く、かつ美しい魅力的な色です。

付属品のクリーニングクロスもこだわっています。東レのウルトラスエードだそうです。丈夫です。この前アメリカの強力な洗濯機でこのクロスを洗濯してみましたが、ぜんぜんへたりませんでした。大きさはキーボードのキー配置部分とマウスパッドがちょうどすっぽり隠れるぐらいです。

デザイン性もストーリー性も、この勝色モデルはプレミアのかたまり。どこを切ってもきっと断面図がプレミアなぐらい、プレミア。

驚愕のボディ強度

スリムボディのVAIO SX14ですが、実はその堅牢性は信じられないほど高いです。ほんとに。まったく同じこと言いますが、信じられないほど高いです。

実際にVAIO公式チャンネルから公開されている以下の品質実験動画を見ていただければ、一目瞭然。液晶を180°開いてひねっても壊れません。

液晶とキーボードの間にペンを挟んだまま閉じても、壊れません。こんなこと日常で起こる?って一瞬思いますが、デスクワークとかでは意外と事故的に発生するシチュエーションかもしれないです。

この動画ほんとヤバいですよね笑。

持ち運ぶことが多いノートパソコン。バッグに入れていたとしても、歩いたり電車に揺られたりの振動は伝わっていますし、誤って何かにぶつけたりしてしまう可能性も大いにあります。

そのボディには毎回かなりの負荷がかかっているはずですが、このVAIOほどの堅牢性があれば安心。どこで耳にしたのか記憶が定かではありませんが、どこかで「車にひかれても壊れていなかった」という体験談を聞いたことがあります。まじかいな。

VAIO×PORTERケース(13インチ)に収まる

「???」と思った方多いでしょうか…。

でもこのケース持っている人にとっては、けっこーうれしい話。 このVAIO SX14はその名のとおり14インチのパソコン。 なのに、13インチ用のVAIO×PORTERのPCケースに入るんです。 「それってVAIOじゃなくてこのケースのおかげじゃん」とか言ってはいけません。

かつてVAIOは吉田カバンとコラボでPCケースを出していました。まだ公式サイトで見れるようです。
https://www.sony.jp/vaio-v/store/special/porter_case3/

実際に勝色モデルをケースに入れてみました。見栄えの関係で入れきっていませんが、ちゃんと収納できます。

このケースめちゃくちゃ使いやすいです。

なにが良いかっていうと
  • アダプタ類用のポケット付き
  • 生地が強い
  • 中クッション
  • PORTERでイケてる

このケース自体がまじでおすすめです。残念ながら公式では販売終了ですが、フリマアプリとかなら、今でも買えるタイミングがあるかもしれません。あるいは、VAIO専用の作り込み精度という点ではだいぶ劣ってしまうかもしれませんが、一応ポーターは現在でもパソコン用ケース(バッグ?)のような商品を出しているみたいです。

とにかく、これまで愛用してきたこのPORTERコラボケースをそのまま使えるのは、なにげにVAIO SX14の大きなメリット。経済的ですし、愛着あるものを活躍させつづけることができる満足感も得られます。何度も言いますが「だからそれってケースが優れてるんじゃね?」と言ってはいけません。

実はこの13インチ用ケースに入るということは、このVAIO SX14がコンパクトであるということを暗に示しています。この次のセクションでもう少し詳しく見ましょう。

コンパクトで軽い

今回の勝色モデルは、素材の関係で通常モデルより若干重ためだと言われています。

しかし個人的にはまったく問題の無い重さ。体重計に乗ると、1.0kgと1.1kgの間を針が行き来します。

数字見にくくてごめんなさい!

私はSX14の通常モデルもSX12も持っていません。なので、重量に関しては若干甘い評価となっている可能性があります。ただ、14インチの大きめの画面であることを考えると、SX14勝色モデルの1kgは良い数値じゃないかと思います。

全体のサイズについても、SX14はよくできています。前述のとおり14インチディスプレイ搭載ながら13インチのVAIOとほとんど同じサイズ

ということで、実際に私の前機種VAIO Pro13 mk2との比較をしてみました(黒: Pro13 mk2; 勝色: SX14)。Pro13 mk2のキーボードがきったないのは許してください。

横幅はほとんど同じ。閉じた時の縦幅はSX14の方が若干大きい。でも不思議なことに、、、開いた時にはSX14の方がわずかに奥行が小さくなります。天板の食い込み?立ち上がり?ぐあいの差ですね(下画像)。個人的にはぶっちゃけPro13 mk2の方がシュッとしているので好みではあります。

まぁ要するに、通常の13インチのパソコンサイズなのに14インチディスプレイを搭載しているわけです。 

このあたり、 VAIO開発者のみなさんの細やかなこころづかいが感じられます。 やみくもにパソコンの性能を上げることだけにとらわれない。実際にVAIOユーザーが手にとって使う時の、真の使い勝手を追求しているのだと思いを馳せておきます。

高性能だしユーザー思い

私はパソコンでそこまで負荷の重い作業をしません。なので、私にとっては正直このSX14勝色モデルはオーバースペックです。ベンチマークなどの詳しい性能検証は、他の方々のレビューの方がよっぽど参考になるはずです。

ここでは、私が購入したカスタマイズを簡単に紹介するだけにします。以下の通りです。

OS: Windows 10 Home 64ビット
CPU: Core i7-8565U (1.80GHz)
メモリ: 16GB
ストレージ: SSD PCIe 512GB
ディスプレイ: フルHD
キーボード: 英語配列
LTEモジュール: 無し

ほとんどの人にとっては十分すぎるほどの性能と言ってよいでしょう。予算の関係でディスプレイはフルHDに逃げてしまいました。

今となっては当たり前の機能ですが、指紋認証機能がとても便利です。 私はこれまで起動時・スリープ解除時に、長いパスワードをいちいち打ち込んでいました。SX14の指紋認証ログインはそんな煩わしさをすべて取り払ってくれます。もうまじでめちゃくちゃ快適。Icocaを初めて手にした時と同じぐらいの感激でしたね。

地味なポイントですが、充実した端子もユーザー想いのVAIOスピリットの現れです。USB Type-Cに加えて、USB端子3つ。VGAもあるってすごくないですか? 再度になりますが、VAIO開発者のみなさんの尊敬すべき姿勢ですね。 作る側の自己満ではなく、使う側のことを真剣に考えて開発に従事されているのだと勝手に想像しています。勝手に。

英語配列が選べるのもgood!

ホームポジションがちゃんと真ん中に来るので、タイピング時の指の小指の負担が少ないです。見栄え的にも、ごちゃつきが無くてスタイリッシュです。

VAIO SX14勝色のイマイチなところ

ハイスペックしか選べない

勝色モデルではなく、通常モデルの場合はスペックが比較的自由に選べます。

CPU: Celeron~Core i7
メモリ: 4・8・16GB
ストレージ: SSD(SATA) 128GB~ (PCIe) 1TB

しかし、今回の勝色モデルについては以下の通り。オプションの幅が狭いです。

CPU: Core i7-8565U
メモリ: 8GB・16GB
ストレージ: SSD(PCIe) 256GB・512GB・1TB

もちろんハイスペックであること自体には問題ありません。ただ、動画編集などをほとんどしない私のような人間にとってはね。見るからにオーバースペックですね。余裕を持って作業ができるといえばたしかにそうですが…

後述のように価格が釣り上がってしまうのが難点です。Core i5・8GBメモリー・SATA256GBぐらいのお手頃なものがあれば、もうちょっと手が出しやすいですね。

とはいえ、プレミア感を出すというブランディング・生産効率・材料調達といった観点からすると、勝色モデルは高スペックに限定せざるを得ないのかもしれません。たくさんの人が簡単に所有できてしまうと、プレミア製品にはなりませんからね。このへんは難しいところ。

でも個人的な欲を言えば、、、

  • All Black Editionのようにキーボード無刻印
  • 黄金のキーボード文字刻印(ロゴ・オーナメントの色と合わせて )

とかもオプションに含めてほしかったです。めっちゃカッコ良さそうじゃないですか?VAIOさんどうか次回作にお願いします。

高額

結果的に高いです…。私のカスタマイズだと、税込300,000円弱。学生の身分には痛すぎた笑。

当然、記念モデルということでプレミア代が乗っかっています。

通常モデルとの価格差をソニーストアオンラインで調査してみました。通常モデルと勝色モデルを同じカスタマイズで試算してみると、、、
税抜で20,000円の差がありました。

これをどう捉えるかは人それぞれだと思います。が、私としては、全体の比率からすれば上乗せのプレミア代はそれほど暴力的な価格ではないとは思います。けっきょく、勝色モデルはハイスペックで組まざるを得ないがゆえに、価格が跳ね上がっている印象です。

ところで

ややこしいですが、VAIOストアとソニーストアは別々のオンラインストアです。

SIMデータ通信等のプランが必要なければ、ソニーストアで買う方が安く済みます。VAIOストアはパソコンとデータプランの抱き合わせ販売になっているからです。

また、ソニーストアの場合は、ソニー銀行での支払いで3%オフになりますね。さらに、ソニーストアは知らぬ間に色々とクーポンくれてたりします。中にはVAIO購入に使えるものがあります(10%offとかのデカイ割引クーポンは残念ながらVAIOには使えないですね)。

特別な事情が無ければソニーストアで買うのがオススメです。ただ、勝色モデルのような限定販売モデルでないなら、大手家電量販店で買ったりするのもアリかも。値段自体も安上がりだし、長期保証もちゃんと付けられる場合が多い気がします。

ソニーストア

冒頭にも書きましたが、私はSIMは必要なく単純にVAIO勝色モデルが欲しかったので、ソニーストアで買いました。

指紋がつく

こちらはVAIOのお決まりですね笑。残念ながら今回も避けられません。

天板部分は通常モデルより目立つように思います。 気になる人は気になるはず、、、いや、やっぱりこれは誰でも気になります。

指紋認証が流行っている今の時代、指紋も大事な個人情報ですよね。たぶん。くっきり残った天板の指紋。これが悪用されることって有り得そうじゃないですか? ここ最近VAIOは次々に世界進出を発表しているので、日本国内だけではなく世界の治安も考えてこの指紋問題を早く解決してほしいです。

かといって、VAIOのこのカッコいいデザイン・堅牢性・軽量性を捨ててほしくはありません。こうしたメリットをキープしたまま指紋残りを解決してほしいですね。早くVAIO社がその方法を見つけてくれるよう願いましょう。

名案を思いついた人はぜひVAIO社に売り込んでください。

まとめ

まとめるとこんな感じです。

良いところ

プレミア感
驚愕のボディ強度
VAIO×PORTERケース(13インチ)に収まる
コンパクトで軽い
高性能だしユーザー思い

イマイチなところ

ハイスペックしか選べない
高額
指紋がつく

第一印象評価

第一印象での評価は星4つ

たしかに、5周年記念モデルのプレミア性はVAIOファンに向けられていると言えます。しかしそれを差し引いてパソコンそのものの能力を考えたととしても、性能・堅牢性・軽さ・液晶の大きさなど、ノートパソコンに求められる様々な要素がきわめて高い水準でまとまっています。スリムでスタイリッシュなのに、その見かけによらず実はとんでもなく強いボディ。いうなれば良い頭脳を持ったイケメン細マッチョ。

とはいえ、本ページでレビューした5周年モデルは必要以上の高性能のせいで高価格になってしまっている印象。 VAIOファンの私にとっては星5つでも足りないぐらいですが、この限定モデルは万人にすすめられるモデルではないという点でむしろ星1つマイナス。

指紋残りも、たしかにマイナスポイント。ですが、その他の良い部分がこのデメリット分を大きく上回ると判断し、さらなる星の減点はしませんでした。

あとから評価

第一印象での評価も星4つ

しばらく使ってみましたが、第一印象の評価とほとんど差がありません。プラス評価とマイナス評価を1点ずつ追加します。まず良かったのは、思っていたよりもタイピング中のキーボードの安定性が高いことです。

一方、バッテリー持ちは期待以下でした。ネット・ワード・その他軽めのソフトいくつかを同時使用する程度の私の環境では、6~7時間ぐらいです。そこまで不便というわけではないですが、モバイルPCとしてはもう少し持つと安心でしたね。

総合的には星の加減をするほどの相違ではないと判断しました。

VAIO SX14勝色は誰におすすめ?

潤沢な予算を持つ方
VAIO好き
動画編集とかゴリゴリしない方

中程度のスペックでも問題なく、VAIOファンでもないという人にとってはこの勝色モデルは無駄に高いだけの買い物になるかも。ただ、VAIO SX14という機種そのものは優れています。勝色モデルではなく通常モデルは強くオススメできます。

VAIOファン目線では「これを買わずしてVAIOファンと言えるか!」とホントは言いたいところ。ただ学生の私からすると、、、パソコン買い替え時期でもないのに、プレミアモデルが発売されたからってだけで新しいパソコンを買うというのは正直キツイ。そんな感じで今回の購入が難しければ「自分のパソコン購入時期を次回のVAIOの節目に合わせていく」というのが1つの工夫の方向ですかね。裕福でないVAIOファンとしては。

ソニーストア

以上です。

もし読んでくださった方から反応があるととても嬉しいですし、新たなページを追加したり、ページの手直しをしたりする「やる気」につながります。「まぁ少しは参考になったかな」「まぁこのページちょっとは頑張ってるかな」って思っていただけましたら、ぜひお気軽にコメントフォームだったりSNSだったりを通して、応援・ご指摘・コメント・拡散していただけたら幸せです!

 インスタのアカウントはこちらです。
 ツイッターのアカウントはこちらです。

企業やプロブロガーではなく、しがない大学院生が運営しているブログですので、そういう形で人間らしさのある温かいご支援をいただければとても有り難いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

このブログ書いてるひと

ゆとり世代の文系大学院生です。アメリカに学位留学している最中です。インスタやツイッターでは当ブログへのご質問やご感想を募集中です。ちょっとしたものでも新しいページ作成の励みになりますので、お気軽にコメントやリクエストいただければ嬉しいです!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる