ゆとりばてぃブログ

ゆとり男子留学生の自由なブログ

私のVAIO物語

初代との出会い

私ゆとりばてぃはVAIOが大好きです
用も無いのに手にとって眺めてしまう
それぐらい好きです

このVAIO愛の始まりは
私の大学入学時にまで遡ります
それは今からおよそ8年前―2012年のこと

令和の今となっては考えられませんが
当時は
スマホがやっと使い物になるレベルに到達した時期
中高生が自分用パソコンを持つ
なんてことは一般的ではなかったですし
私の妹のように
大学のレポートをスマホで書いて提出する
なんてもはや想像すらできないぐらいの時代でした

そんなわけで
生まれて初めて自分専用のパソコンを買うことに

ただ
高校時代は部活にほぼほぼ力を注いでいて
パソコンの事なんてなんにもわかりません

どうやって選ぶのか知るはずもなく…

何軒か家電屋には行ってみるものの
けっきょく何もわからず何も買えず…

話しかけてきてくれる店員さんがいても
「都合よく在庫をさばこうとしている」
というひねくれた印象しか持てず…

初めての一人暮らしの始まりでもあり
経験不足ですべてに警戒している
そんな様子の若気の至りですね

そんな中
ある家電量販店のパソコンフロア
家電屋特有のあのドぎつい照明をその背にまとい
センスよく輝く一台が目に留まります

一目惚れでしたね
あれは

当時まだソニー製だった
VAIO―VAIO Eシリーズ(VPCEH38FJ)
ブラック

大学1~2回生時に課された大量のレポート
それらを書きまくることができたのは
他でもないこの15インチパソコンのおかげです

こんなにもパソコンで作業するのは
生まれて初めてです

ただの一目惚れから
だんだんと愛着が湧くようになり
VAIOに相棒感を感じるように

しかしながら
3回生になると微妙な問題が発生します
授業で毎日パソコンを使うようになったのです

こうなってくると
この15インチの相棒はあまりに重い
2.5kgぐらいでしょうか
それに
起動時のHDDの重さも徐々にこたえてきます

とはいえ
ひとたび動き出せば現役そのもの
その表情(?)を見ても
「まだまだやれる」と言わんばかり
手放すには惜しい

どうしたものかと悩みに悩んだ結果
ある策を講じます
その当時の自分としては最善の策だったわけですが
あとになって振り返ってみると
それは大きな過ちでした

2代/台目の登場

考えあぐねた私

思いついたアイディアは
自分のパソコン環境に
外出担当と家担当
という2つの部門を設けるというもの

ただ
学生の身分なので
いかんせん経済力が足りません泣

そこで
あろうことかVAIOではなく
某海外メーカーの機種に手を出してしまいました

というのも
公表スペックと価格のバランス
これが凄まじく優れているのです

いわゆるコスパ最強機
静かに瞑想に励んでいそうな名前をしたアレです笑

現行モデルについてはわかりません
でもすくなくとも
私の使ったものはひどかった

1年間のメーカー保証が切れたその1週間後
タイミングを見計らっていたかのように
ぶっこわれました笑

第一印象評価: ☆☆☆☆☆
あとから評価: ☆

安易な選択で貴重な資金を溶かし
猛反省をします

この時になってやっと
壊れにくい
そして
保証の手厚い
国産PCの良さを痛感します

そんな感じで途方にくれながら
次の一手を練っていたその時

VAIOがなんと!
私と同じ長野県出身である
という衝撃的な事実を知ります

いやほんとね
めっちゃビックリしましたよ
ただでさえ惚れていたVAIO
ここで思い入れがいっそう強くなります

そしてさらに!
まさにこの時期

救いの手を差し伸べるかのように
尋常じゃない堅牢性
をウリにしたVAIOが登場

パソコンに堅牢性を求め始めた私にとっては
強烈に突き刺さる機種でした
これまた
見計らっていたかのようなタイミング

その機種こそが
今でも現役で活躍中の
VAIO Pro 13 mk2

とりあえず
プロモーション動画の耐久性テストが過酷すぎw
(見てみたい方は↓)
https://youtu.be/N1y_M0VqEOE

折しもこの時
VAIO社がSonyから独立して約1年―

世界規模の「ソニー」という後ろ盾を失ったVAIO社
まさに難局をくぐり抜けている
その真っ只中にあったと言ってよいでしょう

この状況下での
あの極端なまでの頑丈さを実現した
VAIO Pro 13 mk2
の登場

苦境の内にあっても決して折れない
VAIO社の信念
その信念が
タフすぎる新機種に流れ込んでいる

そんなふうに私の目には映りました
まぁ「私の目には」ですよ

わずか1年で壊れたパソコンを前にして
大きな逆境と反省を抱えていたわけです
VAIOの姿勢がそこにみごとに共鳴

こうして
その新機種―VAIO Pro 13 mk2―
その購入を決心します

ただね重ねてになりますけど
学生には高い…

塾講のアルバイトに入りまくりましたね
授業だけでなく
テスト作りや講習スケジュール作成など
バイト講師がやらなくて良い事務作業にまで
無理やり手を伸ばし
深夜まで作業して稼ぎを増やしていました笑

ちなみにエクセルの使い方はそこで覚えました
大変でしたけど
たくさんの良い子たちと出会うことができたので
まぁ今では良い思い出ですかね

VAIOがつないでくれた縁
と言っても過言ではないでしょう

ともあれ
資金繰りに成功
ちょっと寂しい状態にあったパソコン環境に
ついに新入りを迎えます

繰り返しになりますが
VAIO Pro 13 mk2

そのルーキーはネットで見たとおりの能力
わずか1kg強
シャープでスタイリッシュなボディ
念願のSSD

そして
ありえないレベルの堅牢性笑

使っていく中で特に気に入ったのは
やはり
そのデザインのカッコよさ
まじでハンパじゃないですね

時は日本でのMac人気爆発黎明期
カフェや学校には
ドヤ顔でリンゴマークのパソコンを開く
そんなひとびとが増えてきました

そんな中
私は13インチのこのVAIOを開く

ここに特別な感覚を経験していました

みんながドヤ顔で使っているパソコン
それよりもカッコいいパソコンを今
自分が使っている

この薄くてスーッと伸びた角ばったボディ
安定感を確保しつつもスリムな天板の脚
横から見える潜り込んだ天板の力強さ
閉じてもカッコいいHexa-shellデザイン
ロゴが跳ね返す光のきらめき

しかも
外見だけではない

軽量性・堅牢性・性能も十分

この新しい13インチの相棒は
外出担当の仕事を涼しい顔で片付けていきます

ただ一方では
家担当の15インチも負けてはいません

無骨ながらも
どこか優しさとオシャレさを醸し出しています

私が家を空けている間の留守番笑
そして家での長時間作業
こうした任務を
黙々とこなしていきます

小柄な新入りが外で大きな顔をして
ときに無茶をしながら
のびのびと力を発揮できたのはなぜか?

そう
この重鎮が
家にどっしり構えていたからです

華やかな外の舞台で成果を出している
この13インチだけが偉いのではない

二機があって初めて生み出された
そんな全体としてのハイパフォーマンス

こうして彼らが両輪として活躍してくれたおかげで
私の日本での学生生活は無事に進んでいきます

しかし残念ですが
世の中
何事も不変ではありません

「あぁ無常」

ってやつですね

そしてそれは
私のVAIOたちも例外でありません

やがて転機がやってきます…

その舞台こそが
私がいま暮らしている場所

まさかの太平洋を渡った先

Appleのお膝元
アメリカ西海岸カリフォルニア州です

3代/台目~2020年3月更新予定~

こんな記事も書いてます

エコバッグの宝庫! トレジョバッグ徹底調査(トレーダー上手11; トレーダージョーズ)

近年じわりと人気が高まっているトレーダー・ジョーズのエコバッグ。実はいろんな種類があるのはご存知でしょうか。トレジョはアメリカのスーパーなんですが、最近は日本でもちょくちょく持っている人を見かけます。ただ、そのほとんどが...